カジノで使われる攻略法には様々なものがありますが、モンテカルロ 法もその中のひとつです。モンテカルロ 法 と は数学的思考をベースに実行する必勝法で、決まった法則で賭け金を変動させることでリスクを抑えながら利益を積み上げていくことが可能です。ここでは、モンテカルロ 法の使い方をわかり やすく解説していきます。

・モンテカルロ 法 とは?
モンテカルロ 法 と は2倍もしくは3倍配当のゲームで使うことができる攻略法で、数列に従って賭け金を変動させていきます。初めに「1・2・3」という数列を作り、両端の要素を足した金額をベットしていくのですが、ゲームに負けた場合は賭け金を数列に右端に追加しましょう。ゲームに勝利した際の対処方法は2倍配当と3倍配当のゲームで異なり、2倍配当では数列の両端から1個ずつ、3倍配当では数列の両端から2個ずつ数字を消去します。そして、数列の要素が全て消えるか、1個になったらモンテカルロ 法は成功です。このようにモンテカルロ 法 数学的な思考が必要な攻略法となりますが、2倍もしくは3倍の配当が受け取れるゲームで有効なので幅広いゲームで使うことが可能です。

・モンテカルロ 法 バカラでの使い方
バカラは配当2倍のゲームなので、モンテカルロ法を使う場合は勝利した際に数列の両端から数字を1個ずつ消去します。賭け金のベースを1ドルに設定した場合、最初のゲームでは「1・2・3」の両端を足した4ドルを賭け、ゲームに負けた場合は数列を「1・2・3・4」として次は5ドルをベットしましょう。2ゲーム目では、負けた場合は「1・2・3・4・5」となり、勝利した場合は「2・3・4」となり、どちらの場合も次は6ドルを賭けます。このような手順に従ってゲームを進めるだけですが、2ゲーム目と3ゲーム目で連勝すると数列の要素は「3」のみとなり、両端を足すことができなくなるのでモンテカルロ法は成功です。

・モンテカルロ 法 ルーレットでの使い方
ルーレットは様々な賭け方ができるゲームですが、ここでは3倍配当のダズンベット・カラムベットで利用するものとして説明します。ダズンベットやカラムベットでモンテカルロ法を使う場合は、ゲームに勝った際に数列の両端から2個ずつ数字を消去しましょう。最初の手順はバカラと同じで、1ゲーム目では4ドルを賭けますが、例えば1ゲーム目から3連敗した場合の数列は「1・2・3・4・5・6」となります。4ゲーム目では7ドルを賭けますが、ここで勝利した場合は数列は「3・4」となり次も7ドルを賭けます。そして、6ゲーム目でも勝てば数列の要素が完全に消えるので、モンテカルロ法は成功となり利益を出すことが可能です。