テーブルゲームの中でもルールがシンプルで、初心者も始めやすいルーレット。チップを並べ、そこの数字が出ればチップが増えていきます。ルーレットは大きく分けて「ヨーロピアンルーレット」と「アメリカンルーレット」がありオッズ(配当)も多少異なってきます。

しかしルーレットのベッティング戦略はあるのでしょうか?ルーレットのルールとしてチップを置いた数字が出れば、その配当金が手に入ります。ヨーロピアンルーレットの場合、1点賭け(ストレートアップ)のオッズは36倍とされています。例えば1点賭けで1ドル賭けて当たった場合、36ドルのチップがもらえます。ただしストレートアップで当たる確率は低いので、当たったら相当ラッキーだと言えます。

ルーレットの賭け方と遊び方

ルーレットの基本的な賭け方として「インサイドベット」と「アウトサイドベット」があります。「インサイドベット」は、数字の書いてあるエリアにチップを置き賭ける方法です。置き方は数字の枠の中に置いたり、数字をまたいで置くことも可能です。数字をまたぐ方法は、オッズは少なくなりますが当たる確率は多くなります。「アウトサイドベット」は、数字の外側にチップを置く方法です。インサイドベットよりオッズは少なくなりますが、当たる確率は多くなります。多くのプレイヤーは、インサイドベットとアウトサイドベットの両方を使い、複数の場所にチップを置いていきます。

ペイアウト率とハウスエッジ

ルーレットで遊ぶ上で、ペイアウト率とハウスエッジは気になるところです。ペイアウト率とは金額(賭け金+勝利金)がプレイヤーの元に帰ってくる割合で、ハウスエッジとはカジノ側に還元される利益です。一般的にペイアウト率が高いゲームは勝ちやすいゲームと言えます。ルーレットのペイアウト率は95%前後です。この割合は競馬の様な日本のギャンブルに比べて高いので、理論上はルーレットの方が日本のギャンブルより儲かると言えるでしょう。

テーブルゲーム初心者はルーレットがおすすめ

テーブルゲーム初心者の方には、ルールが簡単で始めやすいルーレットをおすすめします。インサイドベットとアウトサイドベットをうまく活用して楽しんでみてはいかがでしょうか?