MENU

夜勤の72時間ルールとは?

看護師といえば夜勤がつきものですが、
きつい仕事でもお給料がたくさんほしい方には都合が良いという事もあるでしょう。
だからと言って夜勤の回数を自分の思うように増やすという事も出来ません。
それは看護師の夜勤72時間ルールがあるためなのです。

 

看護師の過重労働を防ぐためにも夜勤は月に72時間までにしなければならないというルールで、
このルールがあるからこそ日勤とのバランスが取れるのです。

またルールが守られなければ、病院の収入は減ってしまう事になってしまいます。
だいたい月平均で二交代制の場合は4回、三交代制の場合で9回までは入れることになるでしょう。
このような72時間ルールがあるおかげで、月に何回も夜勤に入らなければならないという無理のある勤務を行わなくて済むのです。
看護師を守るための大切なルールでもあるのです。

 

ただそうなってしまうと、夜勤専従の方にとっては優に超えてしまう事になります。
夜勤専従も病院や看護師にとっては重要な働き方です。
ですので夜勤専従に関しては上限が取り払われ制限なく働くことができるのです。
働き方によっては72時間ルールで守られている場合とそうでない場合もあります。

 

夜勤専従に関しての上限が取り払われたのも近年のことですが、
これによって働きやすさも上がり看護師も自由に選択することができるようになったでしょう。
ただ介護施設や救急治療室、病院体制などによっては72時間ルールが適用されない現場もあります。
日勤と夜勤のバランスをうまく取れるような職場を探すか、
夜勤専従になるかで上手に72時間ルールを利用しましょう。
ナース4

 

関連ページ

嬉しい!!時給重視したい人にオススメはリクナビ派遣
リクナビと言えば、就職活動でお世話になった人が多くいるサイト、サービスと言えるでしょう。これは一般の職業に当てはまることですが、医療従事者においても十分当てはまるものになります。
使ってみて!看護師必須アプリ 簡単にシフト管理が出来るナスカレ
看護師のスケジュール管理、シフト管理をしていく上での人気のアプリとしてナスカレというものがあります。